犬とインテリア

犬を飼うこと

犬との生活はとてもたくさんの幸福と癒しを与えてくれます。
一人暮らしの人は犬を飼うことによって出迎えてくれる存在ができますし、辛いことや悲しいことがあった時に横に寄り添ってくれる存在ができます。

しかし、飼うことは楽しいことや良いことだけではありません。
トイレの世話や散歩といった世話も必要ですし、仕事がどれだけ忙しくても家に帰ればスキンシップの時間を設ける必要があります。

また、躾も必要です。
トイレの場所を覚えさせたりルールを教えたりすることが必要ですし、覚えるまでは家を汚されることもありますし、家のものを悪戯されることもあります。

そこで、犬も人間も気持ちよく過ごせるように、家のインテリアにも配慮が必要となります。
ここでは愛犬のためにも自分のためにも過ごしやすくなるためのインテリアの配慮の仕方を紹介していきます。

必要に応じて柵をつける

玄関やキッチンの入り口には柵をつけることが望ましいケースがあります。
犬によっては玄関が開くとすぐに家を飛び出してしまうことがあり、特に小型犬であれば来客者の横をすり抜けてしまうことも多いです。
そこで、玄関のところであったり玄関につながるリビングのドアであったりというところに柵を設けるのが望ましいことがあるのです。

次に、キッチンについても調理中に犬がうろちょろすることで不注意で落としてしまった食材を食べてしまったりゴミを漁ったりすることを防ぐために柵をしてキッチンには入れないようにすることが望ましいです。
また、食品庫が空いてしまっていると中のものを勝手に引っ張り出して食べてしまうということもあり得ます。
人間のちょっとした不注意で犬が食べてはいけないものを食べてしまい病気になることや命を落とすことを避けるためにも、キッチンには入らないようにしておく方が良いのです。

収納は多い方が良い

人間が何の気なしに置いた洋服やかばんに犬がおしっこをしてしまったり、その上で毛づくろいをしてしまったりすることがあります。
そのような時には、洋服やかばんが汚れるだけでなく、使い物にならないこともあり得るのです。

犬は悪戯のつもりなく、飼い主の匂いがすることで安心してその場にいたということもあります。
犬を責めるようなことがないよう、汚されて困るものは必ずしまっておくようにしておきましょう。

そのためにも片付けられるものはすべて収納をするよう、家の中には収納を多く設けておくことが望ましいです。
収納を設けて色々なものをしまうということは誤飲や誤食を防ぐことにも効果があります。
人間が予想もしないものを犬が噛んで悪戯をしてしまうことがありますから、収納しておくことは不慮の事故を防ぐという効果もあるのです。