ペットマンションの間取り

KH041_72A

共に生きることに適している

マンションやアパートなどの集合住宅は、「ペット不可」となっている場合が多く見られます。
ただ、最近ではペット可となっているマンションも多くなっており、ペットを飼っている人でも集合住宅が選択できるようになってきました。
そんな中、ペット可ともまた違っているマンションのスタイルとして「ペット共生型マンション」というのが登場しているのをご存知でしょうか。

ペット可のマンションというのは、あくまでも一般的なマンションであるものの、ペットも住まわせても良い、というものを指しています。
対してペット共生型マンションというのは、最初からペットが一緒に生活することを前提としている作りとなっており、単純にペット可の住宅よりもお互いに取って良い環境が作られていることが多いのです。
それでは、ペット共生マンションというのは、どのような作りとなっているのでしょうか。
ここでは「間取り」に注目をして紹介します。

ペット共生マンションの間取り

ペット共生マンションの間取りとして、まず重要なポイントとなるのが「玄関」と「浴室」の距離です。
犬の場合には一緒に散歩をすることになりますが、そんな時に玄関と浴室の距離が遠いと、部屋の中を汚してしまうことになります。
家から帰ったらすぐにお風呂に直行できるような構造となっていると便利です。

次に、寝室についてです。
ペットと一緒に暮らす場合でも、ペットの寝室と人間の寝室は別にしておいた方が良いといえます。
人間に取っても、ペットに取ってもストレスを少なくすることができるためです。
そのため、ペットを置いておくことができるスペースが寝室以外に確保できることがペット共生型マンションのポイントとなります。

ただし、年齢を重ねてくると、ペットの調子が悪くなってくることもあります。
その時には直ぐに対応できるように、一緒の寝室で寝泊まりをするのが良いでしょう。
そのことを考えると、人間用の寝室の方もある程度スペースに余裕があった方が利用がしやすいといえます。

また、危ない場所に入れないような作りとなっていることも重要です。
キッチンや浴室などはペットが勝手に入り込むと危ない場所であるため、侵入してしまわないように柵が付けられていると良いでしょう。

ペットマンションはさまざまなタイプがあるために、自分とペットとの暮らし方に合ったマンションを選ぶと良いでしょう。
自分の家族であるペットとの生活は、ペットにとってストレスフリーで快適な空間のマンションにする必要があります。