猫とインテリア

最近ではペットは猫が人気

昔はペットといえば犬でした。
人間に懐くということ、番犬の役割を果たすこと、散歩の相手となってくれることなど様々な理由から犬が長い間人気のペットでした。

しかし、最近では猫を飼育する人が増えています。
一人暮らしでも犬よりも手間が少ないこと、手入れがしやすいことなどが人気の理由です。

しかし、猫を飼った経験がない人は何を準備すれば良いかがわからない人がほとんどです。
そこで、猫を飼うにあたって飼育のポイントやインテリアへの配慮といったことについて紹介をしていきます。

猫を飼う際のインテリア

猫といえば爪とぎをします。
自宅の壁をガリガリされてしまうと、賃貸物件の場合には補償の問題も出てきます。
そして、自宅にある家具も猫にガリガリされてしまうと傷がついて破損をしたり買い替えたりすることが必要となることもありますから配慮をする必要が出てくるのです。

ソファーについては特に素材を考えて購入することが必要です。
布製の場合には、猫が爪とぎをすると破れてしまい中身が出てくることがあります。
合皮素材でも破れたり傷が入ったりすることがありますから、電車のシートのような素材が最も良いと言われています。
一人用のソファーやダイニングチェアの場合にはプラスティック製のものや木製のベンチを使用するということも有効です。

猫を飼育するには温度管理が重要

歌にある通り、猫は温度管理がとても重要です。
猫が暮らしやすい環境を作るためには、留守番の時間にも空気清浄機と加湿器を使って湿度管理をすることと温度管理をすることを徹底することが必要になります。

温度を高くするとどうしても部屋の空気が乾燥します。
そこで湿度管理のために空気清浄機や加湿器が必要なのです。

温度管理についてはパネルヒーターのような暖かい場所を用意してあげたり、コタツを弱くして入れてあげたりしてあげることも有効です。
最近では猫用の温めアイテムが販売されているので自宅のサイズや猫の好きな場所に応じてそういった設備を用意してあげるということも暖をとる対策としてオススメの方法になります。

暑さ対策ももちろん必要になります。
部屋のクーラーを入れた状態にしておいてあげることも有効ですし、クーラーを入れ続けることは電気代が高くて経済的負担が大きいという場合には、冷却パネルを用意するのも有効です。

トイレの工夫

猫のトイレは猫砂を使うのが一般的です。
猫砂についてもある程度猫に合わせて選んであげることが必要になります。
砂が細かいと猫の肉球に挟まり傷をつけてしまうことがありますから、砂のサイズを調整してあげたり、足にはまった猫砂が取れるようにトイレの前に猫砂が外れるようにシートを用意したりすることも一つの方法です。