ペットと暮らす家へのリフォーム

KH057_72A

安心快適な空間をつくる

すでに住宅を持っており、ペットを後から飼いはじめたという場合には、ペットを育てるのに適した「リフォーム」を行うことも考えられます。
それでは、ペット向けのリフォームというのは、どのような内容のものがあるのでしょうか。
実際の事例や、良くある質問などを元にして、ペット向けリフォームの具体的な内容について紹介します。

まずは、猫を飼う場合に利用できるリフォームとして「壁や柱をリフォームしてキャットタワーやキャットウォークを作る」というものがあります。
猫は上下に活動範囲が広い動物で、高い場所に登りたがる性格をしています。
その為、登りやすい場所がなければ、家具などを足場として登ってしまい、危ない思いをすることもあります。
リフォームを行って猫が登るのに適した設備を作っておけば、安心して遊ばせることができます。

ペットを飼う場合に気になることとして「臭い」があります。
動物特有の臭いが発生してしまうため、これが気になる人も多いのではないでしょうか。
実はリフォームでもこの臭いへの対策をすることができます。
というのも、消臭効果を持っている建材などがあるため、こういったものを部屋に組み込むようにすることで、臭いがたまりにくくできます。

床のリフォームも重要なポイントの1つです。
ペットの種類にもよりますが、多くのペットは爪を持っており、歩いているだけで床を傷つけてしまうことがあります。
さらに、その傷が元になって体に傷がついてしまう、ということもあり得ます。
その為、ペットが傷をつけてしまわないような、それでいて滑ってしまうことがないような床材を使用することで、ペットに配慮したリフォームをすることが可能です。

珪藻土の効果

ペット向けのリフォームをする場合に、よく利用される建材の1つとして「珪藻土」というものがあります。
別名ダイナマイトと呼ばれるこの素材は、藻の化石が含まれている堆積岩を使ったものです。
珪藻土には脱臭の効果があるため、ペットと暮らす住宅の壁材などとして利用されることが多いものとなっています。

細かい穴が無数に開いており、ここから脱臭を行うという仕組みとなっています。
さらに副次的な効果として、結露を防いだり湿度を保ったりという効果もあるため、やはりペットの健康を保つために効果を発揮してくれます。