愛犬の正しい𠮟り方

犬のしつけ

犬は話をすることができません。
そのため思っていることがあると吠えたり噛んだりして伝えようとすることがあります。

しかし、吠えたり噛んだりすることは良いことではありません。
それでも吠えたり噛んだりして自分の伝えたいことが伝わってしまうと犬は学習をしてしまいそれ以降も同じようにして意思を伝えようとするようになります。
間違った学習をした場合には、しつけをして正しい伝達方法を教えていく必要があります。

しかし、犬へのしつけというのは簡単なものではありません。
時にはカッとなってきびしい言い方をしてしまったり手が出たりしてしまったりすることもあります。

また、人間とは違うためにしつけの方法がわからないという人も多くいます。
そこで、ここでは犬の問題行動を治すためのしつけの方法を紹介していきます。

正しくしつけをする重要性

犬へのしつけのタイミングを間違えたり、叱り方を間違えたりするとどのようなことが起こるのでしょうか。
人間と同じく心を閉ざしてしまうことが多いです。

頻繁に叱ってくる飼い主に対しては、何をやっても自分は叱られてしまうんだと感じるようになります。
そうすると犬も感情を失ってしまい、暗い精神状態になってしまったり情緒不安定になり甲高い奇声を発するようになったりします。

また、あまりにも怒られる経験が増えると飼い主に対して恐怖心が芽生えてしまいます。
恐怖心が芽生えると懐かなくなり心を閉ざすことも多いです。

そして、ネガティブな学習が増えてしまい、問題行動を増長させてしまうことも多いです。
人が来ると自分が嫌な思いをするという錯覚に陥って、人が近づくたびに大声で吠えたり噛みついたりすることが増えてしまいます。

このように間違えた学習をしてしまうと人間と犬とがうまく関われなくなってしまい、犬もかわいそうな経験をしてしまいます。
そこで飼い主は叱り方について正しい知識を身につけ、適切なタイミングで適切な方法で叱ることが重要なのです。

正しい叱り方

犬は日本語を話すことができません。
そのため、叱っていてもその内容をきちんと理解することは不可能なのです。
人間にとって犬が起こしている行動が問題行動であったとしても、犬にとっては当たり前の行動として行なっているので叱られている理由が理解できないのです。

そこで、叱るのではなく正しい行動がどういうものなのかを知らせていくことが重要となります。
悪いことをしたらその行動がよくないものであるということを知らせるために短く一言「ダメ」とか「ノー」とかと伝えたり、物を使って大きな音を出したりすることが効果的です。
また、吠え続けている犬にはあえて無視をして叱るという方法も有効です。