爬虫類を飼う時のポイント

実は人気で注目されている爬虫類

爬虫類と聞くと初めから苦手意識を持っている人も多いです。
確かに見た目に特徴があるために苦手と思う人も多くいるものです。
しかし、最近ではかなり人気が高まっており、ペットショップでの取り扱いも増えています。

また、爬虫類は飼育しやすいものも多いですし、鳴き声や体臭の不安が少ない動物も多いです。
そのため、一人暮らしでも飼いやすいということからも注目がされています。

とはいえ、中には最後まで飼うことを諦めてしまい自然に放置したり捨ててしまったりする人もいます。
爬虫類も動物であり外に捨ててしまうのは自然の生態系を壊す可能性のあることです。
飼育するにあたっては責任持って飼う決意がいることを理解しておく必要があります。

爬虫類の飼育に必要なもの

爬虫類を飼育するにあたっては飼育するものによって準備するものが変わります。
そこで、まずはきちんと飼育する動物を何にするかを決めることが必要です。

多くの場合必要となるのがケージです。
ケージはプラスティッック製のものとアクリル製のものとがあり、さらにサイズについても様々です。
飼育する動物によって脱走の恐れがあるので蓋が必要な場合には特性に応じて網目のものにするのか細かな穴のものにするのかを検討することが必要になります。

次に、爬虫類は太陽の暖かさが必要となります。
しかし、生育環境によっては自然光では不足することがあり、その際には保温球を用いて太陽の暖かさを再現することが必要です。

爬虫類は変温動物であるために、温度管理はとても重要なことであり命の危険を及ぼす可能性があるものでもあります。
飼育する動物に応じて保温球の数や配置方法は勉強するようにしましょう。
動物によってはヒーターを活用することもあります。

同様に紫外線の光を必要とする動物も多いので、UV球も必要です。
食欲増進効果や脱皮を促す効果があります。

爬虫類飼育のメリット

ペットを飼いたいという気持ちがありながらも一人暮らしで世話が難しいという人には、爬虫類を飼育することがとても向いています。
例えば、爬虫類は触られることが好きではないためにスキンシップが不要です。
そのため、一人での留守番が寂しいということもないですし、仕事から帰って遊ぶ時間を設ける必要もありません。

また、飼育にあたっては手間がかからないペットでもあります。
散歩に行く必要もないですし、遊ぶこともしつけも必要ありません。
餌についても種類によっては週に2度ほどしか食べないという種類もいます。

このように世話も必要なくスキンシップが不要となればなんで飼育をするのかと疑問に思う人もいるかもしれません。
やはり一人で生活するのと誰かと一緒に生活できるというのは気持ちの中で大きな違いがあり、元気にペットの爬虫類が動いているのを見るだけでも癒されたり頑張ろうという気持ちがもらえたりするのです。