ハリネズミの飼い方

急加速するペットブーム

最近では自宅で動物を飼育している人が増えています。
ペットといえば、一昔前までは犬を飼う人が多かったですが、最近では猫やハムスターといった動物を飼うという人が多いです。

犬は自分に懐いていくれて可愛い、相棒のような存在という人が多いです。
自分に懐いたり相棒のような存在になったりするということは、そのぶん一緒にいる時間をしっかりと持つことが必要です。
そのために、一人暮らしをしている人が犬を飼うと犬に寂しい思いをさせてしまうという問題があります。

そういった点から、自立しており一人で過ごすことが苦にならないという動物を飼育する人が増えています。
また、小動物であり自宅で飼育ができる動物が増えたこと、他の人が飼っていないような動物を飼いたいと考える人が増えたことからも家庭で飼育される小動物は多様化をしているのです。
そのような流れの中で飼育されるようになっているのがハリネズミです。

ハリネズミはとても小さくて可愛い見た目からここ最近でかなり人気を集めています。
とはいえ、まだまだ飼っている人が少ないためにその生態や飼い方を知らない人も多いです。
そこでここではハリネズミの魅力と飼育の仕方を紹介していきます。

ハリネズミの魅力

ハリネズミは小動物であるために小さなスペースで飼育をすることが可能です。
そのため一人暮らしのアパートでも飼育を始めることができます。

また、鳴き声がないですし匂いもほとんどありません。
フンもあまり臭くないので家の匂いはもちろん、近隣住宅への迷惑もかかりません。
餌についてもキャットフードで対応ができるので、準備の手間はあまり必要ないです。

ハリネズミの飼い方

飼育にあたってはケージや寝袋、シーツといた道具が必要です。
最近ではペットショップでも取り扱いをしていることがありますし、なくてもインターネット通販での購入が可能です。
これらの必要道具を揃えた上で自宅に迎え入れましょう。

基本的には何かを躾けるということがないので、ケージの中で野放しで飼うことになります。
ただし、体調不良を隠す習性があるので、飼い主がこまめに体調確認をして体調が悪い時にはすぐに気づけるようにすることが重要です。
フンの異常がないかを確認したり、皮膚を確認して水分状態のチェックをしたり、口の中を確認して吐き気のチェックをしたりするのが主な内容です。

ハリネズミ飼育の注意点

もちろん良いことばかりではありません。
とはいえ、注意点については事前にある程度の対処をしておけば対応ができます。

まずは診療してくれる病院が少ない点です。
自宅の近くの動物病院にハリネズミの診察が可能な医師がいるのか調べておけば万が一の時にも対応ができます。

また、夜行性であるために少々うるさい時があります。
これは小屋の整備をして音が響かないようにしたり寝室と少し離したりという工夫をすれば十分対応可能です。