セレブにも人気のミニブタを紹介

セレブも飼育しているミニブタ

最近ではセレブが飼育をしていることが増えたためにミニブタに注目が集まっています。
日本でも少しずつ飼育している人が増えているもののまだまだ珍しい動物です。
ヒトとは違う動物を飼育したいという人にも人気を集めています。

ミニブタは人懐っこく賢く可愛いということでとても飼育しやすいペットです。
しかし飼育前にはきちんと情報を集めておき心構えをしたうえで迎え入れる必要があります。

ミニブタはどのような動物か

もともとミニブタというのは存在していない品種です。
ブタもイノシシから改良され家畜化された動物であり、そのブタをさらに改良して生み出されたものをミニブタと言います。

もともとミニブタは実験用の動物としてニーズのあったものです。
その中から可愛いということで愛がん動物となりました。

現在ミニブタとして流通しているほとんどの品種はベトナムポットベリーというものです。
ベトナム原産のブタを改良したもので世界中へ流通するようになっています。

ミニブタを飼育する前に知っておきたいことがミニブタの定義です。
購入するときにはミニブタの体重は2キログラムほどですが、2年後あたりには50キログラムを超えますし大きくなる子は100キログラムほどになることもあります。
かなり大きくなることを理解したうえで環境整備も必要です。

ミニブタを購入する方法

ミニブタは大きめのペットショップでも取り扱いがありますが、専用のブリーダーから購入する方法もあります。
ミニブタは遺伝によってサイズが変わってくるために事前に個体の情報をしっかりと集めることが大切です。
そのためできるだけ販売先に出向いてきちんと情報を得たうえで飼育するほうが適切なサイズを選ぶことができます。

飼育するにあたってはオスとメスはどちらを選ぶかは個人の好みもあるものです。
繁殖を希望しない場合には虚勢や避妊をするほうが発情期の凶暴化も抑えられます。

しつけはきちんと行えばできる

ミニブタは賢い動物です。
そのためきちんとしつけをすれば覚えることができます。

トイレのしつけも可能です。
ミニブタはトイレと食事の場所を分けることができるので排せつさせたい場所を決めてにおいをつけていけば覚えていきます。
万が一トイレ以外の場所で排せつをしたら素早く拭き取って消臭スプレーをかけてにおいを消すことでトイレの場所を勘違いすることを防げます。

もう一つ大切なしつけが飼い主とのスキンシップ方法です。
ミニブタは愛情表現のために鼻で押してくることがありますが、ケガを負う可能性もあります。
あまりにも強く押した場合には大声を出さず静かにミニブタから体を離しいけないことだと伝えることでミニブタはおぼえられます。