インテリアを彩る熱帯魚

sakana

アクアリウムへようこそ

気軽に飼うこともできれば、こだわりにこだわり尽くす事もできるのが「アクアリウム」です。
これは水槽で魚や水草などを飼う事をいい、それ自体が1つのインテリアのようになるということで人気があります。
こだわり始めるとキリがないペットでもありますが、初めて動物を飼うという人にも適しています。
それでは、「熱帯魚」をペットとして飼う場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。

まず、他の動物と違って魚は「鳴かない」のが魅力です。
そのため、ペット禁止のようなマンションでも飼うことができ、近所に迷惑を掛けることもありません。
もちろん自分の生活にも迷惑を掛けることがなく、睡眠を妨害されてしまう、というようなこともないのが魅力です。

さらに、エサやりと水質の保持さえしっかり行っていれば、やるべきことが殆ど無いのも特徴の1つです。
普段忙しくあまりペットにかまってやる時間がない、という人でも飼いやすいのが特徴です。

どんな種類を選ぶか

熱帯魚にも様々な種類があるため、どのような種類のものを選ぶのかがポイントとなります。
中には非常にデリケートで、初心者では飼育が難しいようなものもいます。
まずは比較的簡単に飼育することができ、なおかつ見た目も綺麗というような熱帯魚から始めて見ましょう。

一つ目に紹介するのは「トランスルーセント・キャットフィッシュ」という熱帯魚です。
キャットフィッシュといえば「ナマズ」のことですが、トランスルーセント・キャットフィッシュは全くそんな感じはしません。
長いヒゲが生えてこそいますが、見た目は透き通った青色で、内側の骨格まで見えてしまうという特徴を持っています。
体の筋肉が光を反射させているため、見る角度や光の当たり方によって虹色に輝いて見えるという特徴を持っています。

元々群れで生活をしている熱帯魚ということもあり、一気に大量に飼うこともできます。
ナマズの一種ということもあって水質にもそこまでうるさくなく、病気にも強いため飼いやすい種類といえます。
ただ、やはり綺麗な姿を見たい、というのであれば、しっかりした濾過器などを用意しておいた方が魅力は増します。

次に紹介するのは「ゴールデンハニードワーフグラミー」という熱帯魚です。
ゴールデンという名前ではありますが、赤と黄色の間ぐらいの色合いをしています。
元々はハニードワーフグラミーという種類の熱帯魚だったのが、品種改良されてゴールデンハニードワーフグラミーとなりました。

この種類の熱帯魚は見た目も美しく可愛らしいのですが、何より特徴的なのが泳ぎ方です。
直進したかと思うと急に静止して反転したりと、コマ送りのような泳ぎ方を見せてくれます。
他の魚とは違った動きが見られるの楽しみの1つです。
そのため、余裕を持って動けるスペースのある水槽を用意するのが良いでしょう。

最後に紹介するのは「ネオンテトラ」という熱帯魚です。
ここまで紹介してきた熱帯魚に比べると知名度が高く、どんな魚か分かる人も多いのではないでしょうか。
透き通った体にブルーとレッドのラインが走る独特の見た目をしており、まさに熱帯魚らしい熱帯魚という印象です。
比較的安く購入することが出来るのも特徴で、初めての熱帯魚としても適しています。