丸い目が可愛い!フクロウと暮らす

フクロウは自宅で飼育することができる

フクロウは日本でも飼育することが認められています。
ただし誰でも簡単に飼育ができるわけではなく、飼育するためには事前の準備と知識を身につけるべきです。

まず、フクロウは他の動物を捕食する猛禽類であるために飼育することが簡単ではないことを理解したうえで迎える必要があります。
きちんと自分で育てられると納得したうえで飼育をしないと飼い始めてから無理ということはできないです。

フクロウを売買するにはワシントン条約もかかわってきます。
日本産のフクロウを捕獲や飼育することは禁止事項です。

そのため海外から正式な手続きを踏んだうえで輸入したフクロウやそれを繁殖させたものだけを飼育することができます。
たとえば街で迷子になっているフクロウを捕獲して飼育した際、そのフクロウが日本で生まれたフクロウだった場合には無許可で飼育すると違法行為として処罰されるので注意が必要です。

フクロウを飼育するポイント

フクロウを飼育する中で大切になることとしてエサの準備と環境整備があります。
フクロウは夜行性で食物連鎖の中では頂点に立っている動物です。
猛禽類ですからエサは新鮮な生肉を食べています。

もしも生肉を与えることに抵抗がある人はフクロウの飼育に向いていないです。
毎日与えるうちに食肉の用意をすることは抵抗がなくなってくることもありますが、やはりラットをさばいて支度をするのは慣れるまでなかなか苦労します。

フクロウに与える食肉は食べない部分の処理が必要です。
そのため内臓の処理が必要ですが苦手な人は処理済のものを購入すれば手間をかけず与えられます。
フクロウの死因の多くは餓死であり、飼い主が食肉を与えないことが原因となることが多いのできちんと毎日食肉の用意ができない人は飼育に向いていないです。

次に環境整備はフクロウにとってストレスのない環境を作る必要があります。
小さなケージだとフクロウはストレスが溜まってしまうので十分なスペースが必要です。
水浴びスペースも必要なのでサイズとしては100センチメートル以上のものを用意すると良いとされています。

フクロウにとってストレスが少ない環境となるためには生まれ育った環境に近づけることが大切です。
そのためには気温や湿度の管理、止まり木の種類といったことまで細かく確認して用意することが必要になります。
購入時にそういった環境を確認したうえで必要なものを準備することでストレスが軽減できます。

フクロウは基本的に人に懐く動物ではないです。
そのため部屋の中で放し飼いすることもできますが、専用の部屋を用意したほうが快適に過ごせます。
放し飼いをしたい場合にはきちんと本やインターネットを使って放し飼いのノウハウを学んだうえで行う必要があります。