飼いやすいモルモット

一人暮らしでも飼育しやすいモルモット

モルモットは穏やかでおとなしいペットで一人暮らしでも飼育しやすいペットといわれています。
表情も豊かで慣れてくると呼びかけにも反応してくれるので癒してくれる存在です。

飼育するにあたってはいくつかの準備が必要ですが、きちんと管理することができれば面倒なことなく飼育ができます。
そこでここではモルモットを飼育するために知っておくべきことを中心に紹介をしていきます。

モルモットの部屋作り

モルモットを飼育するときにはケージや小屋が必要です。
放し飼いをしないことで家具へのいたずらや家電製品のコードをかじることでの事故を防ぐことができます。

モルモット専用の小屋はあまりないのでケージを用意することが多いです。
サイズとしてはウサギ用のケージで十分ですがサイズとしては高さが40センチメートルほど、幅が60センチメートルほどだと快適に過ごせます。

部屋の中には飼育に必要なものをそろえていきますが、巣箱や食器、おもちゃが必要です。
巣箱はモルモットが隠れるために大切なものでありモルモットが入れるサイズのものを用意します。
巣箱の中には新聞やティッシュといったものを入れておきます。

ケージの下は床材か木製のすのこを敷きますが、ポプラの木が原料のあすぺん材が適切です。
牧草でも良いのですが手入れの手間がかかります。

食器や給水機も中にいれますが、給水は衛生的な給水ボトルを取り付けるのがおすすめです。
おもちゃはモルモットがかじることが大好きなので牧草のボールやかじり木のようなかじれるものだとモルモットが喜んで遊んでくれます。
他にも狭いところに隠れるのが好きなのでタオルや紙でトンネルを作るのもおすすめです。

モルモットの食事

モルモットは1日に2回の食事で朝と夕方で十分です。
食事となるものは牧草、ペレット、野菜ですが食べる量が調整できるように牧草も用意しておきます。

野菜は特別なものを用意しなくても人間が食べるものを分けるので十分です。
小松菜、大根の葉、レタス、キャベツ、白菜、ブロッコリー、人参といったものは好物なので食事の際に取り分けておき与えることができます。
野菜を手でモルモットに渡すことはコミュニケーションをとることにも効果的です。

野菜を与える際には人間が食べるような味付けがされていないことはもちろん、モルモットが苦手なものと一緒に調理しないことに注意する必要があります。
長ネギ、ニンニク、玉ねぎ、アボカド、チョコレート、コーヒーはモルモットの命にもかかわるものなので与えないことはもちろん、これらの食材を触れた手でモルモットやモルモットのエサに触れないことにも注意が必要です。