ペット同伴で飛行機に

FW0191111111

一緒に旅行に行こう

旅行に行くという時、ペットをペットホテルなどに預けておくのも1つの方法です。
ただ、やはり自分の手元から離れるのは心配だ、という人も多いのではないでしょうか。
飼っているのが小動物ならば、「一緒に旅行に行く」というのも1つの選択肢となるかもしれません。
それでは、ペットと一緒に行く方法としてどのようなものがあるのでしょうか。

自家用車で旅行をするのであれば、それほど難しいことではありません。
ただ、犬や猫の中にも車酔いをしてしまう個体がいるため、喚起を良くした上で細かく休憩を取らせることは忘れないようにしましょう。
高温になってしまうことも多いため、その点にも注意が必要です。

この他にも、車の窓は大きく開け過ぎない方がいいでしょう。
窓が大きく開いていることでペットが興奮して飛び出してしまう可能性もあります。

それでは、公共の交通機関を使う場合はどうでしょうか。
電車やバスの場合、ペットは別料金を支払うことで連れ込むことができます。
ただし、ケージに入れておく、ということが条件となっているため、小型の動物でなければ一緒に行くことは出来ません。

次に、飛行機を利用する場合についてです。
飛行機を利用する場合にも「ペットらくのりサービス」というサービスを利用することができます。
これはペットをケージに入れて一緒に搬送してもらうことができる、というサービスで、遠い場所に旅行に行きたいという場合でもペットを同伴させることが出来ます。

サービス利用の注意

それでは、ペットらくのりサービスを利用する場合の注意点について紹介します。
まず、ケージに入れて運ぶ必要があるため、当然大型の動物は送ることができません。
どの程度のサイズまで運ぶことができるのか、という点については各航空会社に確認をしておくと良いでしょう。
例えばANAの場合、もっとも大きいLLサイズのケージでも体重13キロ程度までが限界となっています。

次に注意しなければならないのは、ペットのストレスについてです。
長時間飼い主と離れる上に、経験したことがない飛行機の音や狭さ、揺れの中で運ばれることになるため、大きなストレスがかかってしまう可能性があります。
これが原因で病気になってしまう、というようなことも考えられるため、繊細な性格をしているペットの場合には利用を考えるようにしましょう。

また、搬送中の事故などによってペットに万が一のことがあった場合、保証をしてもらえるのか、ということも重要です。
ペット保険が付随していることが多いため、利用する際には必ずこういったものも併用するようにして、安心して一緒に旅行ができるようにしましょう。

もちろん、旅行先のホテルなどもペットが同伴できる場所を選ぶ必要があります。
最近ではそういった場所も多くなっているため、こちらは比較的見つけやすいでしょう。