ペット保険の基礎知識

HG039_72A

治療費が高い点を補ってくれる

皆さんは保険には入っているでしょうか。
自動車を運転する人であれば自動車保険、家族がいる人であれば生命保険、健康に不安がある人は健康保険、というように、様々な保険に入っている人も多いかと思います。
そんな保険の中でペットに関わってくる種類のものとして「ペット保険」というものがあるのをご存知でしょうか。
ここでは、ペット保険がどのような保険であるのかについて紹介します。

人間の場合、病院を利用する時に利用料金は健康保険によって3割負担となるのが普通です。
しかし、ペットの場合には健康保険の対象ではないため、ちょっとした治療でも大きな金額が必要になってしまうことがあります。
お金がないとペットの健康を保持することができないため、そういった時に備えて入っておくことができるのがペット保険です。
公的なペット保険は存在していないため、必ず民間のペット保険を利用することになります。

ペット保険において保障されるのは、ペットが病気や怪我をした場合の治療費だけではありません。
ペットが何かを壊してしまったり、誰かに怪我をさせてしまったりした場合の「損害賠償保険」としても効果を発揮してくれます。
これらのサービス内容については保険によっても違いがあるため、具体的な内容をしっかり確認した上で加入する保険を選択するようにしましょう。

ペット保険の医療保障

それでは、具体的にペット保険を利用するにあたって知っておきたい「医療保障の種類」について紹介します。
ペット保険の保障の内容については、大きく3つの種類があります。

一つ目は「定率補償」と呼ばれる種類の保険です。
このタイプは実際に利用した医療費の内、決まった割合を保険が負担してくれる、というような仕組みとなります。
いわゆる人間の健康保険と同じような仕組みだと考えていただければ良いでしょう。
負担率については保険商品によって違っており、7割を保険負担とするものもあれば、5割を保険負担とするものもあります。

二つ目は「定額保障」と呼ばれる種類の保険です。
これは、決まった金額を保障してくれるというものとなっています。
かかった医療費が何円であろうとも、事前に定めた定額の分が支給される、という仕組みとなっています。

最後に三つ目は「実損保障」と呼ばれる種類の保険です。
これは実際にかかった医療費について、決まった限度額の範囲内で支払いをする、というものとなります。
定額保障をより細かくアジャストしたタイプのものだと考えると良いでしょう。

ペット保険に加入する際に知っておきたいポイントについては、下記サイトにも詳しく紹介されています。
これを見ると、対象となるペットの種類によっても保険料の違いがある、という内容です。
>>http://allabout.co.jp/gm/gc/8672/2/

ペットによっては病気に強い種類もあれば、弱い種類もあります。
人間の保険と同じく「リスクが高い」場合には保険料は高く設定されるという仕組みとなっています。
その為、ペットによっては非常に高額な保険料になってしまう可能性もある点には注意しなければなりません。