犬の癒しにドッグホテル

AD191inu

ワンちゃんのストレス解消に

人間が仕事や人間関係などでストレスを抱えているのと同じように、犬にだって様々なストレスが存在しています。
個体によってはストレスに非常に弱く、それが原因で免疫が弱くなって病気になってしまう、というような例もあります。
そこでここでは、犬のストレスを発散するための方法の1つとして「ドッグホテル」を利用するということについて紹介します。

ドッグホテルやペットホテルといえば、普通は飼い主が見られない時期が発生したために、「仕方なく」犬を預けておく場所として使用されます。
ただ、ここで紹介するドッグホテルは、敢えて積極的に預けることによって犬を癒やすことができるようなドッグホテルとなっています。
ここで紹介するのは、世田谷区は駒沢通りにあるドッグホテル「36house」です。

こちらのドッグホテルは内装をみると、人間が泊まっても何の問題もないようなしっかりとした作りとなっています。
木材を中心にした天然素材の内装は、癒しを感じるのに十分なものです。
さらに、明かりも間接照明とされているなど、優しい雰囲気の中で過ごしことができる場所となっています。

サービスの内容は?

それでは、このドッグホテルで行われているサービスの内容について紹介します。
ドッグホテルは小規模に運営されているため、1回に預かることができる犬の数は少なめです。
小型犬ならば5匹、大型犬がいる場合は3頭など、管理人が対処できる範囲内で対応するようになっています。
基本的にはペットホテルやペットシッターなどと同じように、エサやりや散歩などの日常的な管理をすることになります。

ちなみにこのペットホテルでは、利用者の人間向けのサービスというのも行なわれています。
会員になっていればコーヒーを飲みながら、愛犬のくつろいでいる様を見ることも出来ます。
自分も癒やされて、飼い犬も一緒に癒やされるのならば、癒やし効果は倍になるでしょう。

管理人が犬好きということもあり、丁寧に犬を扱ってくれるのも魅力的なポイントです。
実際、リピーターとなっている犬は、次に来た時には自分から部屋に入っていくことが多いと言います。

ここまで快適なドッグホテルならば仕事や旅行の間、愛犬を安心して預けることが可能です。
世田谷は東京都内では緑が多い場所ということもあり、リラックスできる環境づくりには適していると言えるでしょう。