アニマルトレーナーお仕事

FW076

トレーニングした子が映画出演することも

動物に関係する仕事として、最後に紹介するのは「アニマルトレーナー」という仕事です。
アニマルトレーナーというのは、要するに動物に対して「躾」をおこなう仕事ですが、場合によっては特殊な躾を行うこともあります。
例えば動物の中には、ショーを行わせることが目的となっているものや、パフォーマンスのために使われるものもあります。
こういった動物たちに芸を仕込む、というのもアニマルトレーナーの仕事の1つとなります。

アニマルトレーナーの活躍の場は様々ですが、例えばペットパークや動物園などの「見せるための動物」が多くいる場所がまず考えられます。
こういった場所では動物がどう見られているのか、ということも重要なポイントとなるため、いかに良い躾をするのかが印象を大きく変えることになります。
また、動物モデルなどのプロダクションにもアニマルトレーナーの活躍の場があります。
人が多いような環境でも大人しくさせていられるか、というような躾を行う必要があるためです。

アニマルトレーナーになるには

アニマルトレーナーも、なるために必ず必要となる資格がなる仕事ではありません。
しかし、専門性が非常に高い仕事であるため、一般的にはアニマルトレーナー養成のための専門学校に通い、知識や技術を身につけるというルートを取ることになります。
動物の習性についてしっかり知っていなければ上手くトレーニングを行うことも出来ません。

持っていると便利な資格としては、愛玩動物飼養管理士があります。
トレーニングをさせるだけではなく、当然健康を管理することも重要な仕事の1つとなるためです。

また、様々な場所に移動して仕事をする場合も多いため、自動車免許もあった方が有利になります。
これは仕事場所などによっても変わってくるため、事前に確認をしておくと良いでしょう。

アニマルトレーナーになるのには「動物が好き」であることは前提として必要です。
トレーニングを始めたばかりの頃は、思い通りに動いてくれないことも多く、その度に動物が嫌になっているようでは仕事を続けることができません。
更に、もう一つ重要なのが「プロフェッショナル」としての誇りを持つことができるということです。
自分のトレーニングした動物がパフォーマンスで活躍している所を見るのは、他のペットに関わる職業では味わえないものです。