ドッグトレーナーの仕事

犬の訓練士ドッグトレーナー

ドッグトレーナーというのは犬の訓練士のことです。
会犬のしつけをすることが仕事であり、犬が人間と共存するためのルールを教えていきます。

勘違いされることが多いのですが、警察犬や盲導犬に対しての訓練を行う人たちもドッグトレーナーではあるのですが、訓練士と言われることが多いです。
混同しがちですが、飼い犬へのしつけをするのがドッグトレーナー、使役犬と言われる警察犬や盲導犬への訓練をする人が訓練士という言い方をすることが一般的です。

ドッグトレーナーの仕事

ドッグトレーナーの仕事は犬のしつけをすることと飼い主に対してのアドバイスをすることの二つに分けることができます。
日常的に訓練の時間を設けて犬にトイレや散歩、留守番のマナーを教えたり、場合によってはお手やお座りといったことを教えたりしていきます。
それと並行して家庭で飼い主が犬と過ごす中で悩んでいることの相談に乗っていき必要に応じて指導を行っていきます。

ドッグトレーナーがしつけをしたこと以外にも家庭では教えていくべきことがあります。
また、ドッグトレーナーだけでなく飼い主の指示をちゃんと聞くことができなければ指導をしてもその効果は半減してしまいます。
そこで、家庭内での悩み事を解決するための声かけやしつけを行ったり、飼い主と犬との関係が良好なものになるよう指導をしたりということも合わせて行うことが必要になるのです。

ドッグトレーナーの職場

ドッグトレーナーが働く場所は企業の中で働く場合と独立して働く場合とがあります。
企業であれば、ドッグトレーニングを行う企業であったり、ペット産業であったり、ドッグランの運営会社、しつけ教室、ペットショップなど様々な場所があります。
警察犬や盲導犬を育てる訓練士の学校と併設してしつけ教室を開講しているところもあり、そういった施設で働く場合には訓練士と一緒に働いていることもあります。

また、企業での仕事で経験を積んだら個人で独立してしつけ教室を運営するということも可能です。
この場合、自分から各家庭に赴いてしつけを行ったりアドバイスを行ったりするということもありますし、ペットショップや動物病院で講演会を行ったりしつけ教室の講師として招かれたりすることもあります。

ドッグトレーナーになるまでの道程

ドッグトレーナーには国家資格がありません。
ただし、民間資格としてドッグトレーナー協会が認定するドッグトレーナーライセンスというものがあります。
必須の資格ではありませんが、知識やスキルの証明として持っておく方が望ましいです。

また、独学で仕事をすることもできますが、犬の特性や抑え方といったことを知っている方が安心して仕事ができます。
そのため、ペットの知識を学ぶことができる専門学校や通信教育で勉強した上でペットショップやドッグラン施設で働くことが多いです。