獣医師の仕事

獣医の仕事

獣医師というのは人間の医師と同じで動物の病気を治療したり処置をしたりするのが主な仕事です。
しかし、人間の医師が手術や診察以外のことをしているのと同様に、獣医師も他の現場での仕事をしていることあります。

例えば、獣医が取り扱う動物というと犬や猫、ハムスターといった家庭で飼育されているペットをイメージします。
しかし、獣医師というのは牛や馬、豚といった家畜についても診察をしたり処置をしたりしています。
治療だけでなく、食肉の安全性の検査をしたり、動物園の動物の診察をしたり、野生動物の保護や管理をしているという人もいるのです。

このように獣医師の仕事というのは多岐に渡りますし、働いている場所も動物病院に限らないのです。
そこで、ここでは獣医師の仕事としてどのような場面があるのかを紹介していきます。

臨床獣医師

主に動物病院で診察をしている獣医師は臨床獣医師に該当します。
病院によっては犬や猫と限定をして診察をしているところもありますが、最近ではペットブームによって家庭で飼育されているペットも様々なものが出て来ています。
そこで、うさぎやハムスター、爬虫類についても知識が求められることが多いです。

臨床獣医師でも大型の動物を診察するという病院もあります。
レースに出る競走馬がいる競馬関連施設や水族館、動物園といった施設が近くにある病院では、大型動物の臨床獣医師のニーズが高いです。
動物病院に勤務をしていて該当施設に往診に行くというケースもありますし、競馬関連施設や動物施設の職員として獣医師が働いているというケースもあります。

公務員として働く獣医師

獣医師の中には厚生労働省や農林水産省で働く国家公務員の人たちがいます。
仕事の内容としては海外から輸入されている食品や動物の病原菌や毒物の有無を確認したり、そういったものが含まれている場合には流出しないように対策をしたりするのが仕事です。

最近話題となった鳥インフルエンザであったり過去に問題となった口蹄疫、狂牛病であったりという問題に取り組んでいるのもこのような国家高ミィントして働いている獣医師です。
動物の診察だけでなく、検査についての知識や流行させないための対策についての知識も求められる仕事になります。

獣医師の中には地方公務員として働いている人もいます。
都道府県の施設や保健所などが主な職場です。

仕事の内容は地域によっても異なりますが、家畜の食肉衛生検査をして家庭に安全な食肉届けられているかの確認をしたり、家畜が健康に育つように病気の予防をしたり治療をしたりしています。
また、畜産業に関わる人たちに経営支援や知識を享受して安定的に安全な食肉を提供できるように努めるのも仕事です。