ペットシッターの仕事

HW032_72A

一人でお留守番させるのは不安……

ペットを飼いたいと思っているものの、仕事の都合などで家を空けることが多く、踏み切れないという人も多いのではないでしょうか。
ペットを飼っているがために旅行などにもいけない、と考えている人も多いかと思います。
実はこんな時でもペットを安心して預けておくことが出来る方法があります。
それが「ペットシッターを使う」というものです。

ペットシッターというのは、飼い主が何かの事情でペットを見ていられない時期がある際に、代わりに見ておきいてもらう、というための仕事です。
ペットホテルと違ってペットを預けるというのではなく、ペットシッターに家に来てもらって世話をしてもらう、というのが特徴となります。
そのため、やはり信頼できる人に頼むことが重要なポイントとなります。

それでは、ペットシッターとしてはどのような仕事をすることになるのでしょうか。
個別のクライアントによって仕事内容にも違いがありますが、一般的なペットシッターの仕事例について紹介します。

まずは、ペットの日常に関する仕事をする必要があります。
例えばエサをあげたり、掃除をしたり、犬の場合には散歩をしたり、ということが必要となります。
短期間のペットシッターであればこれらの仕事だけで終わるということも多くあります。

もしシッティング中に病気になってしまうなどした場合には、病院に連れて行く、というようなことも必要となります。
この他、躾などを代行して行ってくれるような特殊なペットシッターというのも存在しています。

ペットシッターになるには

それでは、ペットシッターになるにはどのようなことが必要となるのでしょうか。
ペットシッターには専門の資格があるわけではなく、この資格がなければペットシッターになれない、ということはありません。
ただ、民間資格の中には持っていると信頼性を高めることができるものもあります。

例えば「愛玩動物飼養管理士」がその1つです。
ペットを健康に育てることに関しての知識を示すための資格であるため、持っていることによって安心して預けられるペットシッターである、ということをアピールできるようになります。

ペットシッターに向いているのは、やはり動物が好きな人です。
自分が動物を好きでなければ、動物も自分を好いてくれることはありません。
そうなるとやはりペットシッターとしての仕事にも支障をきたす事になります。
というより、動物が好きでないのにペットシッターをやるのは、自分にとってもストレスが大きすぎます。

ただ、ペットが好きなだけではなく、しっかり責任を持って仕事ができる人でなければなりません。
ペットとはいえ、命を預かる仕事であるということは忘れないようにしましょう。