ペットケアアドバイザーの仕事

ペットケアアドバイザーという仕事

近年のペットブームの影響により、ペットに携わる仕事が増えています。
その中の一つがペットケアアドバイザーです。

ペットケアアドバイザーという仕事は、動物の愛護や敵影な飼育管理の普及、そしてその指導をするのが主な仕事です。
犬や猫といったペットは喋ることができないために、人間のように体の不調を具体的に伝えることができません。
人間が体調の異変に気付いて適切な処置をしたり検査をしたりということを行う必要があり、そういった疾病についての予防や助言を行うことが重要な仕事であるとされています。

最近ではペットを家族という捉え方をする人が増えています。
出かける際には一緒に出かけることを好み、旅行や食事にも同伴させるという人が多いです。
また、ペットに洋服を着せるという人やトリミングでしっかりとケアをしてもらうという人も多いです。

しかし、その反面、ペットを飼うことへの敷居が低くなっているという問題もあり責任を持って飼育ができないという人も増えています。
そこで、ペットケアアドバイザーは飼育のアドバイスだけでなく、ペットを飼うということがどういうことであるのかをきちんと伝え責任持ってペットを飼育してもらえるよう時には強く飼い主に話をすることも求められます。

そこで、ペットケアアドバイザーは犬や猫といった話をすることができない立場の弱いものの代わりに人間に対してペットを飼育するための心得を伝える責任も担っているのです。
そのため、動物の飼育方法や法令まで多岐に渡った知識が必要です。

ペットケアアドバイザーになるための過程

ペットケアアドバイザーとして働くにあたっては特に国家資格が必要な仕事ではありません。
そのため、逆に自分自身の動物についての知識があることの証明をすることが必要となります。

動物の専門学校や通信教育、大学での勉強経験やトリミングサロン、ペットショップでの勤務経験を積むことが求められることが多いです。
また、知識の証明として愛玩動物飼育管理士の資格を取得するという人も多いです。
資格の取得については2級と1級とがあり、資格を持っていることによって働くことができる現場を増やすことができます。

資格を取得すると、ペットショップや動物病院だけでなく、ペットフードメーカーでの仕事を得るチャンスにも繋がります。
また、仕事をしている中で知識を深めるためにも有効ですから、是非とも挑戦したい資格です。

他にも最近では様々な動物に関する民間資格が運用されるようになっています。
知識を深めるため、そして就職で有利になるためにも挑戦できる機会があればどんどんチャレンジするようにしましょう。