ペット探偵の仕事

AD191

家でしたペットを探し出してくれる

ペットに関する仕事として、一つ目に紹介するのは「ペット探偵」についてです。
まずは、そもそもこのペット探偵というのがどのような仕事であるのかについて紹介します。
ペット探偵というのは、いなくなってしまったペットを探しだす仕事のことを言います。
よく「ペットを探している」というようなチラシを見かけることがあるのではないでしょうか、ペット探偵はこういったいなくなったペットを探しだすことが仕事です。

探しだす対象となっているペットは、犬や猫などが中心です。
最近では飼育が増えているフェレットやウサギなども捜索対象としてくれることもあります。
ただ、ハムスターや小鳥などの小さく、活動範囲が上下に広い動物については捜索が難しいということもあり、請け負わない場合が多いようです。
例えば具体的なペット探偵としては、下記のような場所があります。
>>http://www.pet-tantei.info/index.html

こちらの場合は猫や犬に加えて、鳥などのペットについても捜索の対象です。
独自の道具を使うことで傷つけずに捕獲をするなど、ペットにしっかり配慮している姿勢が評価されています。

ペット探偵になるには

それでは、実際に自分がペット探偵になりたいという場合には、どのような方法があるのでしょうか。
ペット探偵という職業につくために、これといって必要な資格などは存在していません。
いわば誰でもなることが出来る仕事だということになります。

ただし、やはりペットを探すという職業柄、向いている人とそうでない人はいます。
ペット探偵になる人に向いているのは「足腰が強い人」です。
というのも、町中を練り歩いてペットを探すということが多いため、足腰が弱いと務まらないためです。

もちろん、動物が好きだ、というのもペット探偵になるための条件の1つといえます。
動物が嫌いだと、動物の側も警戒されていることがわかり、近づいてきてくれなくなります。
せっかくペットを見つけたのに捕獲をすることができない、というのではやはりペット探偵としては成り立ちません。

また、普段の生活からして「動物の行動」をしっかり見ることが求められます。
例えば猫が集まりやすい場所がどこか、ということや、犬が行きやすい場所がどこか、というようなことをチェックしておくことは仕事の成功に直接結びつきます。
他にも、近所の人に話を聞くことも必要となるため、ご近所付き合いなども必要です。