トリマーの仕事

ペット文化の定着で注目されるトリマーの仕事

近年、日本ではペットブームが到来しており、多くの家庭で犬や猫といったペットが飼育されています。
ペットも昔は番犬やネズミ退治といった人間の生活を助けるための存在であったのが、今では家族の一員となっています。

そのため、長生きできるようにと食事に気を使って食事も手作りしている家庭や無添加やオーガニックにこだわったフードを与える家庭も多いです。
また、一緒に色々なところに出かけようと考えるために宿泊施設にもペット可能なところが増えていますし、レストランをはじめとした飲食店でもペット同伴が可能な店舗が増えています。

このようなペットブームの流れに伴ってペット産業も賑わいをみせています。
その中でも最近人気の仕事がトリマーです。

トリマーは人間の美容師と同じように犬や猫の毛を整えるトリミングをするのが仕事です。
毛を整えることによって清潔を保つことができますし、見た目の美しさを保つことができます。
毛を整えるだけでなく爪切りや肛門線絞りといったケアも合わせて行ってくれるのが主な仕事です。

トリマーの勤務先

トリマーは多くの場合トリミングサロンやペットショップ、動物病院といったところで働いています。
仕事のメインはトリミングであるために、お客様が来たら美容院と同様に仕上がりについての相談をして、トリミングを行なっていきます。
ただ毛を切っていくのではなく、人間同様にシャンプーをして毛や皮膚の汚れを落としますし、最近ではバブルバスや泥パックといった施術を行っているトリミングサロンもあり、施術内容は様々です。

ペットショップや動物病院に併設されているトリミングサロンで働いている場合には、トリミングがない時間には受付や接客を行うこともあります。
爪切りのみや、一時預かりといったことも請け負っているというサロンもあるので、施設の種類やサービス内容によって仕事の内容に違いがあるのです。

トリマーになるには

美容師になるためには、専門学校に通い国家資格を取得することが必要です。
しかし、トリマーになるには特に必要な国家資格がありません。
そのため、技術さえ身についていれば誰でも仕事をすることができます。

そのため、ペットショップやトリミングサロンで仕事をしながらスキルを磨いてトリマーになるという人もいます。
しかし、独学や見よう見まねでは知識やスキルの習得に時間がかかりますし、刃物を扱うためにペットを傷つけないように落ち着かせる方法や体の触り方はしっかりと身につけておく位ことが必要です。
そこで、多くの人はトリミングの専門学校や通信教育で勉強をした上でトリマーとして働くことが多いです。

また、最近ではトリマーのニーズが高まっていることから民間の資格もあります。
スキルアップのために修飾語に資格を取得したり、就職の際に有利になるように就職前に資格を取得したりする人が多いです。